独脚鸟居(山王神社) (イッポンバシラトリイ)

传递原子弹爆炸威胁的独脚鸟居

选择区域
长崎市
选择主题
历史・文化
  • 17943views

日本二十六聖人殉教地へと続く浦上街道沿いにある明治元年(1868)創立の山王神社は、爆心地から南東約900mの場所の高台にあり、原爆の被害を受けました。社殿は跡形もなく崩れましたが、昭和25年(1950)に再建され今に至ります。


山王神社の参道には、一本柱鳥居と呼ばれ親しまれている鳥居がありますがもともとは4つあった鳥居のうちこの鳥居だけが片方の柱を残し今も同じ場所に立っているのです。左片方の柱の残骸は、一本柱鳥居の奥に置かれ見ることができ、また境内には被爆したクスの木が残っています。どちらも原爆の脅威がヒシヒシと伝わる貴重な資料です。
1868年建成的山王神社位于离原子弹爆炸中心地约900米处的山坡上。原子弹爆炸的一瞬间就倒塌损毁,于1950年重建至今。
原有的四道鸟居只剩下第二道鸟居的一根右柱子立于原处,残存的左柱子被置于鸟居深处,与神社内的存活下来的楠树共同诉说着原子弹爆炸的悲惨。

基本信息

地址 852-8102 長崎県長崎市坂本2丁目6-56
电话号码 095-844-1415

SHARE

附近旅游景点


含有此景点的推荐行程


We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.